高鍋町コミュニティバス
概要
高鍋町内陸地域では宮崎交通による三納代、茶臼原を経由した系統が存在しているが、
東側の蚊口、堀之内地域ではバスが存在しない空白地帯となっている。
これらを埋めるために週4回各集落とバスセンター、高鍋温泉を結ぶこのバスが運行されている。
かつてはサングリーン観光バス(解散済)が運行を担っていたが、近年は宮交タクシーが受託しているようだ。
車両
日野 レインボー7M

宮交タクシー籍の小型車。運転も同社高鍋営業所が担当している。
運転士は新富と掛け持ちになる。

この営業運転時はマグネットステッカーが側面に貼られ、運賃箱が搭載される。料金は一律100円。
放送装置等は使用されていない。

サングリーン観光委託当時の写真によると、トヨタコースターが充当されていたようだ。

路線










堀の内団地(入口)




めいりんの湯

もどる