<INDEXへ戻る> 宮崎交通写真館 宮崎200か201〜
2007年の新車も路線中心です。
宮崎市内にもテコ入れが図られました。
出来たてホヤホヤの新車の姿をどうぞ。
登録番号宮崎200か 209
車種J-BUS エルガミオPA-LR234J1
製造年2006年
所属日南(管)
撮影地油津駅前BC 2007.6
コメント日南に飛び番で入ったエルガミオ。
従来車に比べて車椅子マークが大きくなっている。
主に海岸線経由宮崎ー日南線で運用される。
登録番号宮崎200か 210
車種J-BUS エルガミオPA-LR234J1
製造年2006年
所属高千穂(管)
撮影地延岡営業所 2006.10
(写真提供:わかあゆ626さん)
コメント2006年秋、突然の新車投入。
しかも高千穂管理所にとっては久し振りのいすゞ路線車。
高齢者が増加している県北地域路線のサービス改善に繋がることだろう。
郡部では定番となった、ワンステのエルガミオだ。
行き先表示横の車椅子マークが、在来車に比べて大きくなっている。
登録番号宮崎200か 211
車種J-BUS エルガミオPA-LR234J1
製造年2006年
所属日南(管)
撮影地飫肥待合所 2006.11
コメント飛び番で入った日南のエルガ兄弟の弟。
この世代から音声合成放送、方向幕、運賃表が一括操作できる新機軸が採用された。
今後の新車はこれが標準装備になるものと思われる。
登録番号宮崎200か 212
車種いすゞエルガミオPA-LR234J1
製造年2006年
所属都城(営)
撮影地都城市山田町平山 2006.10
コメント2006年秋、これまで純正でしかエルガミオを投入していなかった宮交に、驚愕の西工ボディのエルガミオが登場!
地元ファンをあっと驚かせた。
最初見たときはKKRMかと思ったが、リア部のライト配置はエルガそのもの。
これまで都城には純正のエルガがいなかったので、同じ96MCボディを纏う既存の日デ車と部品の共通化を狙ったのだろうか。
登録番号宮崎200か 213
車種いすゞエルガミオPA-LR234J1
製造年2006年
所属都城(営)
撮影地都城営業所 2006.10
コメント都城では珍しいいすゞ車。
幕と音声合成放送が連動しており、放送が進むにつれてLED行き先表示も変化していく。
登録番号宮崎200か 223
車種三菱エアロクイーンPJ-MS86JP
製造年2007年
所属貸切高速(営)
撮影地源藤車庫 2007.4
コメント2007年、都市間高速用に単発で投入。
車内は夜行仕様の独立3列シートだ。
夜行便仕様としては初のハイデッカー車である。
フェニックス号夜行の北九州(砂津)便を西鉄から移管するのかもしれない。
登録番号宮崎200か 234
車種JいすゞエルガミオPA-LR234J1
製造年2007年
所属西都(管)
撮影地西都管理所 2007.8
コメント2007年の新車は昨年に続きエルガミオを純正、西工2通りのボディで投入。
西都へのエルガミオ投入は初の上、既存の西工96MCボディの車(148,150)と予備部品の共通使用が利くように西工ボディとしたのだろうか。
登録番号宮崎200か 235
車種J-BUS エルガミオPA-LR234J1
製造年2007年
所属宮崎(営)
撮影地宮崎市橘通り1丁目 2008.2
コメント2007年8月、宮崎営業所としては3年ぶりの新車投入。
基本仕様は前年度投入の209〜211に準拠している。
高岡に配置され、高岡線を中心に走っている。
登録番号宮崎200か 236>
車種J-BUS エルガミオPA-LR234J1
製造年2007年
所属宮崎(営)
撮影地宮崎営業所 2007.12
コメント宮崎営業所の路線車としては初めて、運賃表とLED行先表示が連動する新機軸が採用された。
またそれによって行先表示のローマ字表記も無くなったようだ。
こちらは田野(合又)駐在車。
登録番号宮崎200か 237
車種いすゞエルガミオPA-LR234J1
製造年2007年
所属高鍋(管)
撮影地高鍋管理所 2007.8
コメント増備用として高鍋に単発で投入されたエルガミオ。
かつての日野王国、高鍋にも徐々にいすゞ化の波が押し寄せている。
登録番号宮崎200か 238
車種いすゞエルガミオPA-LR234J1
製造年2007年
所属小林(管)
撮影地小林管理所 2007.8
コメント従来いすゞの中型車が0だった小林にもエルガミオが投入された。
234と同じく西工ボディを架装する。
FFシフトで、運転もしやすいようだ。
小林管理所への車椅子積載可ワンステ車の投入は初である。
登録番号宮崎200か 239
車種三菱エアロクイーンPJ-MS86JP
製造年2007年
所属貸切高速(営)
撮影地博多駅前 2008.5
コメントフェニックス昼行便用として単発でエアロを投入。
新モデル発表直後にも関わらず旧モデルで投入されたのは、モデル末期の安売りがあったからだろうか。
基本仕様は193〜199に準拠している。
登録番号宮崎200か 240
車種三菱エアロバスPJ-MS86JP
製造年2007年
所属貸切高速(営)
撮影地源藤車庫 2007.12
コメント折からの宮崎ブームで貸切の需要も盛り返してきた為か、2年ぶりの新車投入。
基本仕様は191,192に準じている。
登録番号宮崎200か 268
車種J-BUS エルガミオPDG-LR234J2
製造年2008年
所属中央(営)
撮影地宮交シティ 2008.10
コメント相次ぐ販売価格の値上げ、原油高騰という逆境の中で今年の路線新車の動向は周囲をやきもきさせたが、結果は5台を集中的に中央営業所のみに投入。
過去2年間で周辺の営業所の底上げが図られたが、ついに中央にもテコ入れがなされた。
写真はリアであるが、今回より高速エアロエースに準拠してHPアドレスが表示されている。
登録番号宮崎200か 269
車種いすゞエルガミオPDG-LR234J2
製造年2008年
所属中央(営)
撮影地宮交シティ 2008.10
コメント269,270の2台はエルガミオながら西工ボディでの投入。
ボディが違うだけでなく、車内も純正と比べて前中扉間の座席のシートピッチが広く取られている。
登録番号宮崎200か 270
車種いすゞエルガミオPDG-LR234J2
製造年2008年
所属中央(営)
撮影地源藤車庫 2008.10
コメント今回投入された5台はご多分に漏れず、これまでのワンステ車(92〜94,96,97)が担当していた光陽台、有田、綾川荘などの補助路線を中心に運用されている。
おかげでこれまでワンステ車率が少ない、あるいは0だった路線に旧年式のワンステ車が入るようになり間接的に宮崎市内線のサービス改善に繋がった。
登録番号宮崎200か 271
車種J-BUS エルガミオPDG-LR234J2
製造年2008年
所属中央(営)
撮影地源藤車庫 2008.10
コメント今回の新車は運賃表の幕連動化、低排出ガス基準適合などのハード面だけでなく、前述のHPアドレス、乗降口のピクトグラム表示など、ソフト面でも充実しているのが特徴。
乗務員、乗客の双方にとって「使いやすい」バスになってほしい。