形式分類
通称"二つ目レインボー"(一つ目とも)は宮崎交通では1982年から88年にかけて70台余が投入されました。
北は高千穂、南は串間まで、往年のモノコック車両にまじって県内各地を縦横無尽に駆けました。
明るく軽快なスケルトンフレーム(車体)、ワンマン機器、冷房装置の搭載と隔世の装備で投入地域に衝撃を与えたことでしょう。
個体差が少なく、趣味対象にならないとされていますが、逆にどこででも同じ形の車両が居たと、幼少時より心に焼き付けられたのが、
ここで紹介を始めたきっかけになります。拙い内容ではありますが記憶のどこかに、無骨ながらどこか愛らしいマスクのバスが居たことを
留めてもらえれば幸いです。
主要諸元
車 体 形 式K-RJ172AAP-RJ172BAP-RR172BA
機 関 形 式EH700(自然吸気直列6気筒)H07C(同)H07C(同)
乗 車 定 員57(着席28)57(着席28)57(着席28)

年 式

1982〜19841984〜19871988
登 録 車 両474〜486 515〜521 527〜534 577〜586 638〜640 717〜719 758〜765820〜834


K-RJ172AA(1982-1984) 宮崎22か479 平成16年5月 西都バスセンター
昭和54年、初のスケルトン構造の中型路線バスとして登場。宮崎交通では登録番号470-530台が該当する。ショートボディではなく、通常尺が選択された。
身軽な走りで輸送近代化を牽引しつづけたが、2010年頃までにこの初期形はほぼ消滅した。

P-RJ172BA(1984-1987) 宮崎22か761 平成19年9月 五ヶ瀬町立病院前
排気ガス規制に伴う形式変更。初期型では側面行先幕が窓下(腰部)に配されていたが、このモデルチェンジで窓上部へ移された。
570-760番台が登録され、現在でも717番からの11台が宮崎、西都地域を中心に活躍中である。
とくに764番はヤマト運輸の宅配輸送車両に指定。荷物スペースの設置改造を施され、専ら東児湯山間地域で運用されている。17年には記念ミニカーにもなり一躍有名となった。

宮崎22か762
県南地域で使用された後、西都へ転入。2017年開始の山間部宅配用途に併せて専用ラッピングを施工、荷棚(専用ケース)を設置するなど車内に手が加わっている。
座席、手摺の取り外しを行っているため、定員が減っている。


P-RR172BA(1988) 宮崎22か825 平成27年8月 日向市
最終導入グループの15台。当形式が宮崎交通採用の最終形態となる。
バブル期ともあって板バネ併用空気バネ仕様となり、著しい乗り心地の改善が図られた。825が日向、834が都城に残っていたが、
2018年夏現在、高千穂籍の1台(829)を除いた全車が宮崎市内営業所、近郊路線に集結した。


宮崎22か828 平成27年8月 高千穂町
長年五ヶ瀬〜延岡間の高グレート車として君臨し続けた。218号線のロング運用にはエアサスがさぞや重宝されたと思われる。
過酷な山間部、さらに長距離の運用に耐え続けたが、ついに補修を断念。17年度末に退役した。


宮崎22か831

近年の塗色変更を受けておらず、バンパー色、バックカメラ類が変更されている以外はオリジナルに近い形態。


運転席にはドライブレコーダー機器が取り付けられ、最新ICカード精算対応の運賃箱が鎮座する。シートは昔ながらの青モケット。だいぶくたびれている。
(取材:平成30年3月/木城温泉)
宮崎22か832(宮崎北営業所)

経年対策車体工事施工済。この形態が最新の形になる。少々の事故、トラブルでもすぐに前線復帰しているところを見ると、かなり信頼されているように思える。
(2018年5月/南宮崎駅前)
全国の兄弟
伊予鉄道グループ

愛媛22か 平成2年月
伊予鉄道では年から台が導入されたという。
最後の数台が分社化したはずれの営業所に散っている。次に会うことはできるだろうか。

大分交通グループ

大分22か 平成2年月
大分県南部を管轄する大野竹田交通で台がほそぼそと活躍。
角目のため印象が大きく変わるが、中身はほとんど変わらない。